/

この記事は会員限定です

水害保険支払い、請求待たず短縮 損保ジャパン、最短2日

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは水害の予測モデルにSNS(交流サイト)の情報を組み合わせて被災者を特定するサービスを始める。浸水被害を細かく把握して、補償の対象となる可能性が高い契約者からの請求を待たずに「プッシュ型」で支払いを呼びかける。迅速に保険金を支払って早期の生活立て直しを支援する。

1月から実証実験を始め、7月のサービス開始を目指す。保険金の支払い手続きが完了するのにこれまでは災害の発生から2週間近く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン