/

この記事は会員限定です

薄氷のワクチン計画 輸入7割、調達に遅れも

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国内で新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた準備が難航している。厚生労働省は15日にも米ファイザー製ワクチンを承認する見通しで、一部の医療関係者への接種開始は約2週間後に迫る。それでも世界で争奪戦が激しいワクチンの確保には不透明感が強く、まだ一般向けの接種スケジュールを確定できない。約5000万人を計画する接種は綱渡りが続く。

超低温物流は準備着々

政府は当面、医療従事者や基礎疾患を持つ人、高齢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン