/

この記事は会員限定です

金利上昇抑制、現時点は不要 片岡日銀委員

[有料会員限定]

日銀の片岡剛士審議委員は3日、オンライン形式で開いた群馬県金融経済懇談会の後に記者会見した。2月末に長期金利が急上昇した国内の債券市場について「突発的に金利が上昇すれば弾力的な措置を講じるが、現在はそこまでの状況ではない」と述べ、金利水準を引き下げるために国債買い入れの増額などに動く必要はないとの認識を示した。

日銀は長期金利をプラスマイナス0.2%程度に誘導する政策を実施するが、米金利の上昇を背景に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン