/

日銀理事に高口氏、金融機構局長は正木氏

(更新)

日銀は3日、新しい理事に金融機構局長を務めた高口博英氏を充てる人事を発表した。麻生太郎財務相が同日発令した。任期は4年。任期満了で退任した衛藤公洋氏の後任で、大阪支店を担当する。大阪支店長を務めていた山田泰弘理事は金融機構局、発券局、情報サービス局を担当する。

金融機構局長には国際局と企画局で審議役を兼ねていた正木一博氏が就く。

高口 博英氏(こうぐち・ひろひで)88年(昭63年)東大法卒、日銀入行。11年岡山支店長、18年金融機構局長。神奈川県出身。56歳。

正木 一博氏(まさき・かずひろ)91年(平3年)東大法卒、日銀入行。17年高松支店長、19年国際局審議役兼企画局審議役。大阪府出身。53歳。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン