/

この記事は会員限定です

変異ウイルス検査、難路の「4割目標」 官民連携急務に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は変異した新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ようやく検査の強化に動き始めた。通常のPCR検査で陽性だった患者から抽出して変異型かどうかを調べる割合を40%まで高めようとしているが、体制作りは容易ではない。

政府は1日、自治体に変異型も含めた検査体制の強化を要請した。変異型かどうかを調べるスクリーニング検査での抽出割合を早期に40%程度まで引き上げる方針だ。

地域での感染傾向をみるのなら、抽出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン