/

この記事は会員限定です

<展望 2021>地銀再編が再加速 募る危機感

政府・日銀も政策で後押し

[有料会員限定]

人口減少や超低金利で地方銀行の経営は転換点を迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大による地方経済への打撃は大きく、2021年も地銀の厳しい収益環境は続く見通しだ。菅義偉首相が地銀再編を唱えるなか、政府と日銀は地銀に対し合併や経営統合を支援する異例の政策を打ち出した。新たな再編劇が動き出すか注目だ。

「地銀の経営基盤を強化し、地域企業の付加価値の向上や存続を図ってもらう一助になる」。同じ県内の地銀の合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3177文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン