/

この記事は会員限定です

戻る利益、戻らぬ投資 企業の現預金が過去最高

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本企業の利益が回復に向かう一方で、投資の戻りが鈍い。自動車や機械がけん引し、2020年10~12月期に全体の利益水準はほぼ新型コロナウイルスの感染拡大前まで戻った。ただ企業の先行き警戒感は強く設備投資にお金が回らず、現預金残高は過去最高に膨らんでいる。積み上がった資金がデジタル化や脱炭素などの成長投資に向かうかが今後の経済回復のカギになる。

財務省が2日発表した20年10~12月期の法人企業統計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン