/

この記事は会員限定です

米新政権、格差是正へ財政依存一段と

バイデン政権のインパクト 渡辺博史・国際通貨研究所理事長

[有料会員限定]

――バイデン米政権の財政政策と金融市場への影響をどう見ますか。

「民主党の公約をベースに考えると、財政政策は(トランプ前大統領が属している)共和党の政権より拡張的になる。税収がどんどん入ってくるわけではないので、国債の発行によって調達することになる。米国債の利回りは上昇(価格は低下)し、金利差の拡大により円高・ドル安が進みづらくなるだろう」

「ただ世界全体で家計の貯蓄は大きくなり、お金は有り余って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン