/

この記事は会員限定です

ESG金融、評価機関独自性競う R&Iは地銀と連携

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)対応の投融資が増えるなか、評価する第三者機関も独自性を競っている。格付投資情報センター(R&I)は地方銀行と相次いで提携し、地方企業の対応を後押しする。日本総合研究所はグループ連携をてこに高度な案件の獲得を狙う。ESG金融の拡大に向け、政府も補助金拡充で取り組みを促している。

ESG金融は環境や社会、企業統治といった非財務情報に着目した投融資を指す。資金使途を環境負荷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン