/

普通郵便の土曜配達、10月から休止 速達は1割値下げ

10月から普通郵便の土曜配達が取りやめとなる

日本郵便は1日、手紙やはがきなど普通郵便の土曜配達を10月2日から休止すると発表した。速達は土日祝日の配達を続けた上で、料金を約1割下げる。郵便業務の深夜勤務を減らし、巣ごもり消費などで堅調な「ゆうパック」などに人員を再配置する。

普通郵便の配達も遅くなる。いまは約8割の郵便物がおおむね午後5時までに投函(とうかん)すると翌日に到着する。これを翌々日に改める。現在、翌々日に配達される地域は3日後の配達となる。10月から一部地域で先行実施し、22年3月までに全国で適用する。

土曜休配後も週末の配達を希望する利用者を念頭に、速達料金を10月から1割下げる。250グラムまでの郵便物の場合、速達料金290円を260円にする。配達日を指定できるサービスの料金は、土曜指定を現在の32円から210円に引き上げる。

郵便物は電子メールやSNS(交流サイト)の普及で右肩下がりが続く。郵便物の仕分けなどの深夜勤務には約8700人が関わっている。うち6割超を日中の勤務や宅配便の業務に再配置し収益向上を目指す。

日本郵便はかねて土曜休配の実施を政府に要望。2020年11月に同社に課す週6日以上の配達義務を週5日以上に緩和する改正郵便法が成立した。速達や書留、ゆうパックなどは10月以降も土日祝日にも配達する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン