/

この記事は会員限定です

今春も薬価下げ、診療報酬は増額 日医の意向通る

経済部 新井惇太郎

[有料会員限定]

2年に1度から毎年になった医薬品の公定価格(薬価)改定が4月に初めて実施される。政府は7割の品目で薬価を下げ、医療に投じる国費を1000億円削減する。一方、医療機関が受け取る初診や再診などの診療報酬は半年間増額する。薬価改定の頻度が上がっても、構図は変わらなかった。

2020年12月。21年度予算案の閣議決定前に麻生太郎財務相と田村憲久厚生労働相による閣僚折衝で4月の薬価引き下げは固まった。毎年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン