/

この記事は会員限定です

コロナ感染者情報、自治体システムと連携 重複を解消

[有料会員限定]

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染者情報を一元管理するシステムを、自治体の独自システムと連携させる。東京都や神奈川県などでは感染者の健康観察を目的とした独自のシステムを運用しており、厚労省のシステムと重複して情報を入力する手間が生じていた。連携により情報を入力する保健所や医療機関の負担を軽減する。

厚労省のシステムは「HER-SYS(ハーシス)」。PCR検査をした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン