/

この記事は会員限定です

首脳外交、手土産準備は「情報戦」 菅首相は自ら選ぶ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は現地時間16日、ワシントンでバイデン米大統領と初めての首脳会談に臨む。首脳外交の歴史を振り返ると会談の際の贈り物にメッセージが込められてきた。首相周辺や大使館などで働く外交官は、相手の首脳が何を好むかなど入念な「情報戦」で手土産選びに備えている。

首脳や閣僚らが会談する時はギフトを渡すのが外交上の通例になっている。距離を縮め、信頼関係を育む一助にもなると位置づけている。首相が何を贈るか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン