/

公務員の超過勤務是正へ「努力必要」 官房長官

加藤勝信官房長官は31日の記者会見で、新型コロナウイルス対応などで増える国家公務員の超過勤務を改善する考えを示した。「人のやりくりや業務の見直しなど引き続き努力していくことが必要だ」と述べた。

政府は国家公務員の超過勤務の時間をまとめた答弁書を閣議決定した。2020年12月から21年2月にかけて超過勤務が月200時間以上となった職員のいる府省庁は16に上った。過労死ラインの1つの目安である月80時間以上の超過勤務をした職員は6532人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン