/

この記事は会員限定です

立民が総務相不信任案 接待問題対応で 解散でも対決色

与党、4月1日に否決へ

(更新) [有料会員限定]

立憲民主党など野党は31日、武田良太総務相への不信任決議案を衆院に提出した。総務省幹部への接待問題を巡る武田氏の答弁が不誠実だと断じた。与党は4月1日に否決する方針だ。与野党は衆院解散を巡る発言でも対決姿勢をみせる。

立民、共産、国民民主、社民4党の幹事長・書記局長は31日、国会内で会談した。立民の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「武田氏の国会答弁は不誠実そのものだ。疑惑解明に消極的な姿勢に終始し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン