/

この記事は会員限定です

教員の不祥事防止、与党が法整備検討 免許再取得に制限

英国の「無犯罪証明制度」参考

[有料会員限定]

自民、公明両党は教員による児童へのわいせつ事案を防ぐための法整備を検討する。懲戒免職処分を受けた場合、教員免許の再取得を一定の範囲で制限する案が浮上する。処分後3年たてば教育現場に戻れる現行制度を改める。

5月までに論点を整理し、今国会で関連法案の提出をめざす。

自公両党は議員立法でわいせつ行為防止策をつくるワーキングチーム(WT)を設けた。自民党の行政改革推進本部も新設したプロジェクトチーム(P...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1244文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン