/

超過勤務200時間超の職員、16府省庁で 政府が答弁書

20年12月~21年2月

内閣官房と経産省では、超過勤務が月300時間を超えた職員もいた(霞が関の官庁街)

政府は30日の閣議で、昨年12月から今年2月にかけての超過勤務時間が月200時間以上となった職員のいる府省庁が、閣僚を置かない外局や行政組織も含めて16に上ったとの答弁書を閣議決定した。内閣官房と経済産業省では、300時間を超える月があった職員もいた。

答弁書は、各府省庁職員の超過勤務の状況を説明した。過労死ラインの一つの目安とされる月80時間以上の超過勤務をした厚生労働省職員は、2月に478人に上った。財務省でも1月に384人だった。

国民民主党の伊藤孝恵参院議員が提出した質問主意書に答えた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン