/

15歳未満の子ども、最少1493万人 40年連続で減少

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
15歳未満の子どもの数は、ピークだった1954年からほぼ半減した

15歳未満の子どもの数が4月1日時点で前年より19万人少ない1493万人になった。1982年から40年連続の減少で、過去最少を更新した。総務省が4日、こどもの日を前に外国人を含めた推計人口を発表した。

男女別の内訳は男子が765万人、女子が728万人だった。

子どもの数を3歳ごとの区分でみると、年齢が低いほど少なくなる。中学生にあたる12~14歳が324万人なのに対し、0~2歳は265万人だった。少子化が進行している状況が表れた。

総数はピークだった54年の2989万人からほぼ半減した。70年代前半の第2次ベビーブーム前後に増えたが、それ以降は減り続けている。

総人口に占める子どもの割合は前年より0.1ポイント低い11.9%になった。75年から47年連続で割合が縮小している。50年には総人口の3分の1を超えていた。今回は65歳以上の高齢者が28.9%に達した。

諸外国と比べても日本の子どもの少なさは目立つ。2019年版の国連人口統計年鑑をもとに人口4千万人以上の32カ国と比べると、各国の推計時点は異なるものの日本の割合が最も低かった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン