/

厚労省職員の深夜会食、与党からも批判

閣議後の記者会見で職員の深夜会食について陳謝する田村厚労相(30日午前、国会内)

自民党の世耕弘成参院幹事長は30日の記者会見で、厚生労働省の職員の大人数での会食について関係者の処分が必要だと言及した。「指導的立場にある人間は職務遂行不可能だろう。しっかりけじめをつけてほしい」と強調した。

公明党の山口那津男代表も同日の記者会見で「考えられない。厳正な対応を望みたい」と話した。

参院厚生労働委員会での厚労省の説明などによると、会食は24日夜、東京・銀座の飲食店で開かれた。23人が参加し、深夜0時前まで続いた。

自民党の森山裕国会対策委員長は「極めて遺憾だ。緊張感をもってしっかり対応してほしい」と語った。自民、公明両党の幹事長と国対委員長が国会内で会談した後、記者団に語った。

立憲民主党の安住淳国対委員長は「相当ひどい話で国会日程に影響を及ぼす。悪質だ」と述べ、田村憲久厚労相の責任を追及する考えも示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン