/

この記事は会員限定です

英参加、TPPに拡大機運 中国にらみ加盟基準は緩めず

(更新) [有料会員限定]

日本を含む11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)が枠組みの拡大へ動き出す。英国が参加申請を決めたことで、タイなど関心を寄せる国への呼び水になる可能性がある。一方、議長国を務める日本などは中国を念頭に、自由度の高い通商ルールという加盟条件は堅持する構え。自由貿易を巡る各国の思惑が入り交じり始めている。

TPPは2018年12月に発効した。関税や電子商取引、投資に関する自由度の高さが特徴。最終的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン