/

この記事は会員限定です

自民外交部会「中国への言及抜くな」日米首脳協議の発表に批判

(更新) [有料会員限定]

自民党外交部会の29日の会合で、日米首脳電話協議に関する日本側の報道発表内容に批判があがった。ホワイトハウスは「中国と北朝鮮を含む地域の安全保障の問題を議論」と明記した。日本側は「地域の諸課題にも共に取り組んでいくことで一致」と公表し「中国」の文言を省いたためだ。

会合の出席者からは「米側の発表には入っているのになぜ抜いたのか」「中国側に配慮があるのではないか」といった意見が相次いだ。

佐藤正久外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン