/

首相、インドネシア閣僚と面会 中国海警法に深刻な懸念

会談を前にインドネシアのルトノ外相㊧、プラボウォ国防相㊨と記念写真に納まる菅首相(30日午前、首相官邸)

菅義偉首相は30日午前、首相官邸で来日したインドネシアのルトノ外相、プラボウォ国防相と面会した。首相は海警局を準軍事組織に位置づける海警法を含め、最近の中国の動向に深刻な懸念を表明した。

東シナ海や南シナ海の情勢を巡り、意見交換した。首相は一方的な現状変更の試みの継続・強化についても深刻な懸念を表明した。法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の重要性で一致した。

首相は「自由で開かれたインド太平洋のビジョンをともに実現すべく、具体的な協力を進めたい」と語った。締結を調整している「防衛装備品・技術移転協定」に関し「両国のさらなる安全保障協力の基盤となることを期待する」と述べた。

国軍によるクーデターが起きたミャンマー情勢を巡っても緊密な連携を確認した。首相は多数の死傷者が発生している状況を強く非難した。

ルトノ氏は「インド太平洋を含めた地域における和平や安定を達成するために包括的な協力を進めることが重要だ」と指摘した。「パンデミックが収束の兆しを見せ、ジョコ大統領が外遊する際に、最も重要な国の一つとして日本を考えている」とも言明した。

プラボウォ氏は「日本の防衛相とは緊密な協力関係を築いており、次のステップに関わる様々な問題を議論している」と話した。「ジョコ大統領に日本からの防衛装備の移転の可能性についても報告している」と説明した。

ルトノ、プラボウォ両氏は30日午後に茂木敏充外相、岸信夫防衛相との外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)に臨む。これに先立ち、首相を表敬訪問した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン