/

首相、年末年始もコロナ対策 書店で関連書籍購入

菅義偉首相は30日、東京・赤坂の書店を訪れ、感染症に関する書籍を購入した。歴史学者の磯田道史氏の「感染症の日本史」や雑誌など数冊を買い込んだ。首相は年末年始を都内の衆院議員宿舎で過ごす予定で、新型コロナウイルス対策に関する見識を深めるとみられる。

首相は29日から年末年始の休暇に入ったが、面会や公務のため、宿舎と首相公邸や官邸を行き来している。30日は首相官邸で厚生労働省の幹部らから新型コロナの感染状況の報告を受けた後、大雪に関する関係閣僚会議に出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン