/

ワクチン選択制「何も決まっていない」 河野氏、補佐官発言を撤回

(更新)
閣議後の記者会見で発言する河野規制改革相(30日午前、内閣府)

河野太郎規制改革相は30日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種に伴って国民が種類を選べるかについて「まだ何も決まっていない」と語った。「どのような形で接種するか、いま戦略を検討している」と説明した。

ワクチンの選択制を巡っては、小林史明内閣府大臣補佐官が28日のフジテレビ番組で、接種会場ごとに打つワクチンを公表し、会場を選ぶことで接種するワクチンの種類も選べると言及した。

河野氏は小林氏の発言に関し「勇み足の発言を撤回し、おわびしたい」と述べた。「発言に気をつけるよう注意した」とも話した。

加藤勝信官房長官は29日の記者会見で「仮に複数のワクチンが承認された場合、地域によって複数のワクチンが流通される場合がある」と表明した。河野氏は「複数が流通することも決まっていない」と強調した。

厚生労働省が立ち上げたワクチン接種の案内サイト「コロナワクチンナビ」では「ワクチンメーカー」を指定すれば、そのメーカーのワクチンを接種できる会場を検索できる仕様になっている。

河野氏はこの機能を停止する考えを示した。「ワクチンを選択できるかのごとくに表示されているのは、誤解を生みかねないので止めろと言っている」と明らかにした。

加藤氏は30日の記者会見で「厚労省において画面の改修作業を進めている」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン