/

この記事は会員限定です

「脱中国」へ供給網分散で協調 日インドネシア2プラス2

[有料会員限定]

日本、インドネシア両政府は30日、都内で外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開いた。日本企業のインドネシアへの投資を後押しし、中国に依存するサプライチェーン(供給網)の分散に向けた協調を確かめた。経済安全保障の観点で供給体制の再構築をめざす。

両国の2プラス2は2015年12月以来、5年ぶり。防衛装備品の輸出時に必要になる防衛装備品・技術移転協定に署名した。

岸信夫防衛相は協議後の共同記者発表で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン