/

この記事は会員限定です

農業支援ファンドの出資規制緩和 加工・流通に対象拡大

[有料会員限定]

政府は農林水産物の海外輸出を増やすため、農業支援ファンドに関する規制を緩和し、投資対象を広げる。現在は農業生産法人だけに限るが、食品加工業や流通業にも拡大し、輸出に必要な設備投資を後押しする。来年1月召集の通常国会に関連法の改正案を提出する。

政府は11月末に農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略をまとめた。2019年の輸出額は9121億円と過去最高を更新したが、目標だった1兆円には届かなかった。25...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン