/

この記事は会員限定です

国政の在外投票、投票率2割前後 2万人ほどに低迷

チャートで読む政治 選挙(11)

[有料会員限定]

国政選挙や憲法改正の国民投票は海外に住む日本人も大使館をはじめとする在外公館の投票所や郵便などで投票できる。4月25日の衆院北海道2区、参院長野選挙区の補欠選挙、参院広島選挙区の再選挙も対象だった。再選挙は初めて在外選挙を実施した。

大型国政選挙の投票率は2割前後と全体に比べて低水準で推移する。あらかじめ「在外選挙人名簿」への登録手続きが必要なことや、海外で日本の政治に関心を持ちにくい環境が低調さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン