/

この記事は会員限定です

特措法改正案が審議入り 予算案に先行、異例の対応

修正協議、与党が野党に大幅譲歩

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスに対応する特別措置法と感染症法の改正案が29日、衆院で審議入りした。飲食店が営業時間の短縮を拒否したり、感染者が入院を拒んだりした際の罰則の導入が柱となる。与野党の修正合意を経て、2021年度当初予算案よりも前に審議入りする異例の対応で成立を急ぐ。

菅義偉首相は同日の衆院本会議で「対策の実効性を高めるために必要な見直しを盛り込んだ」と説明した。「事業者や個人の権利にも十分配慮する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン