/

この記事は会員限定です

地方へ3カ月お試し移住 総務省、21年度から枠組み

「地域おこし協力隊」制度拡充

[有料会員限定]

総務省は都市部から地方に移り住んで地域を振興する「地域おこし協力隊」制度を拡充する。2021年度から新たに「2週間~3カ月」間のプログラムを加える。参加者がより長く滞在して地方生活を経験してもらい、移住者の増加につなげる。

「地域おこし協力隊」は1~3年程度、地方に移り住んで地域振興の担い手になってもらう事業だ。自治体が新たな特産品づくりや地元商店街の活性化などのテーマを設定し参加者を募る。人件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン