/

この記事は会員限定です

コロナ法改正案 与野党修正合意をどうみる

[有料会員限定]

与野党は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた関連法案の修正で合意した。感染者への刑事罰を撤回するなど修正後の内容をどうみるか専門家に聞いた。

川本哲郎・同志社大元教授(刑事法)

昨年春の緊急事態宣言発令後、都道府県知事から「特別措置法に罰則がなく効果が限られる」との声があった。法改正の議論を始めるのが遅く、感染の再拡大で慌てて協議した印象を受ける。

罰則は一定の抑止効果がある。入院を拒んだり逃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン