/

この記事は会員限定です

午前0時47分の日米首脳電話協議が示すもの

[有料会員限定]

午前0時47分――。バイデン米大統領と菅義偉首相の初の電話協議は28日未明から始まった。首都ワシントンと東京の時差は14時間。ワシントンは前日の午前10時47分だ。外交は会談や協議の順番それ自体がメッセージになる。

同盟国の日本にしてみれば、アジアで最初の電話協議という位置を確保し、強固な日米同盟関係をそんな点からも世界に発信したかったのだろう。

一方でこの午前0時47分という時間は別の断面も浮か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン