/

この記事は会員限定です

米欧、進む人権法整備 企業の侵害リスク調査義務に

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ロンドンで3~5日に開く主要7カ国(G7)外相会合は人権問題が主要議題の1つとなる。中国の新疆ウイグル自治区での少数民族弾圧が念頭にある。米欧は企業に人権侵害リスクの調査を義務付ける法整備が進む。日本は人権尊重を促す指針の策定にとどまっており、追加の対応を迫られる可能性がある。

対面でのG7外相会合は2019年4月にフランスで開催して以来2年ぶりとなる。19年の共同文書はウイグルの「基本的権利およ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン