/

この記事は会員限定です

政策を聞く(国産ワクチン)「産学連携、支援の土壌を」

自民・古川俊治参院議員

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの国産ワクチンは欧米などより後発になった。抗体の持続性や変異ウイルスへの効果で日本が優位に立てれば、ワクチン外交でも武器になる。発展途上国で使い勝手をよくするために保存性を高めるのも手だろう。

そもそも開発が出遅れた理由に、ベンチャーや産学連携を支援する土壌が不十分な点が挙げられる。海外は米モデルナ、独ビオンテック、英オックスフォード大といったベンチャーや研究機関が先行した。基盤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン