/

女性議員の増加策、与野党が議論

自民、選定過程の関与強化 立民、衆院選候補で3割

与野党の女性国会議員は28日のNHK番組で女性議員の増加策を議論した。自民党の吉川有美女性局長は候補者選考に女性の関与を強化する方針を説明した。小渕優子元経済産業相が選挙対策委員長代行に就いた人事に触れ「一歩一歩プロセスに女性が入るよう努める」と述べた。

立憲民主党の西村智奈美衆院議員は次期衆院選での女性候補の割合について「立民は最低3割を目指す」と主張した。公明党の古屋範子衆院議員は次々回の衆院選で女性候補の数値目標を検討する考えを示した。

国民民主党の山尾志桜里広報局長は女性候補が4割以下の場合、政党交付金を減額するなど法的拘束力を強化するよう提案した。

共産党の田村智子政策委員長は「女性候補を増やさなければならないのは明らかだ」と話した。「政治の意思決定の過程に女性が加わり、女性の要求を反映する必要がある」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン