/

自民、衆院解散「いつでも準備」 立民は不信任案検討

自民党の柴山昌彦幹事長代理は28日のNHK番組で、衆院解散・総選挙の時期について「いつ菅義偉首相が決断してもいいように準備していきたい」と述べた。立憲民主党の安住淳国会対策委員長は内閣不信任決議案の提出を「我々の考え方を伝える重要な方法だ。準備はしたい」と語った。

安住氏は衆院選の時期について「通常国会の会期末と臨時国会の間でしかないと思う」とも話した。今国会の会期は延長しなければ6月16日まで。臨時国会は例年、秋に召集している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン