/

ワクチン接種証明「出入国の際に準備」 小林補佐官

小林史明内閣府大臣補佐官は28日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンを接種済みと示す証明書を海外渡航時などに発行する方針を示した。「政府として入出国のときに準備したい」と語った。「国民が必要なときに接種を証明できる環境を整えたい」と強調した。

政府は個人単位の接種履歴を自治体が把握できる新システムを整備する。小林氏は新システムを活用して「デジタル化でデータに基づいた政策決定を全国の自治体がやることになる」と説明した。

「デジタル化は政策を効果的に打ち、国民に必要なサービスを提供するとの成功体験を共有したい」と訴えた。小林氏はワクチン接種を担当する河野太郎規制改革相の補佐官を務める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン