/

辺野古に陸自常駐「計画図あった」 防衛相

岸信夫防衛相は27日、沖縄県名護市辺野古の米軍基地に陸上自衛隊を常駐させる計画図があったと明らかにした。参院予算委員会で立憲民主党の白真勲氏の質問に答えた。現在は「そういう計画はなく、考えていない」と語った。

白氏は2015年の計画に関する一部報道について質問。岸氏は「きちっとした計画があったわけではないが、そういう形の図があった」と話した。「陸自のみで決めることはなく防衛省全体の議論で決まるものだ」とも語った。

報道は米軍普天間基地の移設先となる辺野古の米軍キャンプ・シュワブに陸自の水陸機動団を常駐させる計画があったとするもの。防衛省幹部は「陸自が当時提案したが政府内で検討した結果、計画はなくなった」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン