/

この記事は会員限定です

6月めざすワクチン確保 五輪など控え、許されぬ遅れ

Political Number

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種が米欧などで始まった。菅義偉首相も接種開始を急ぐ。感染拡大を抑えるだけでなく、経済活動再開のめどをつけるためにも、ワクチン確保や接種開始のスケジュールを示すことが大事になる。

首相は2日の記者会見で、優先接種の開始時期を目標としていた2月下旬から、2月中旬へと前倒しすることを表明した。

国際社会はすでにワクチン確保競争の様相を呈する。ワクチンを主に海外の製薬大手に依...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン