/

この記事は会員限定です

インドネシアに装備品輸出で協定調整 対中防衛にらむ

[有料会員限定]

政府はインドネシアと防衛装備品の輸出に必要な協定の締結を調整する。30日に都内で開く外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で合意をめざす。中国の海洋進出に対処するための防衛力の強化を後押しする。

調整する協定は「防衛装備品・技術移転協定」で、日本から防衛装備品を輸出する際に締結が条件となる。第三国への拡散を防ぐために転売時に日本の同意を求めるなどの取引ルールを定める。

これまでに米欧を中心に9カ国と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン