/

自民・広島県連会長に岸田氏 4月に参院再選挙

(更新)
自民党広島県連の定期大会で、あいさつする岸田文雄前政調会長(27日、広島市)=共同

自民党広島県連は27日、広島市内で定期大会を開き、新たな会長に岸田文雄前政調会長を選任した。前会長の宮沢洋一参院議員は次期衆院選広島3区の候補者選定で県連の意向を通せず、辞任を表明していた。

公選法違反で有罪が確定した河井案里前参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区再選挙を1カ月後に控えた中での3度目の就任。岸田氏は「県連が困難に直面している時期で、大変大きな責任を感じている」と述べた。

多額買収事件で公判が続く河井克行元法相の地元の衆院広島3区を巡っては、県連が公募で選んだ新人ではなく、党本部が「与党統一候補」として公明党の斉藤鉄夫副代表の擁立を決め、県連から批判が噴出した。

この日は、公明関係者として初めて斉藤氏が大会に参加。候補者選定の経緯について「大変な心配と心労をかけた」と述べ、参院再選挙では「自民候補の当選に向け全力を尽くす」と強調した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン