/

この記事は会員限定です

日米、脱炭素へ閣僚対話創設 首脳会談で提起調整 

[有料会員限定]

菅義偉首相はバイデン次期米大統領との初の首脳会談で、脱炭素の実現に向けた閣僚対話の枠組みを提起する調整に入った。再生可能エネルギーの技術開発など包括的な協力関係を築く。日米が出遅れていた気候変動分野に力を入れ、世界のグリーン外交をけん引する。

首相は2021年2月中の米国訪問を目指している。バイデン氏が正式に就任する1月20日を待ち、米側と首脳会談を巡る調整を正式に始める。

バイデン氏は大統領選で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン