/

防衛相、宇宙作戦隊を視察

 航空自衛隊府中基地で「宇宙作戦隊」を視察する岸防衛相(右手前)=27日午前、東京都府中市

岸信夫防衛相は27日、航空自衛隊府中基地(東京都府中市)を訪れ、人工衛星への脅威となる宇宙ごみ(デブリ)や隕石の監視に当たる空自の「宇宙作戦隊」の訓練状況を視察した。岸氏は隊員らに「米宇宙軍や宇宙航空研究開発機構(JAXA)と緊密に連携し、常時監視体制の確立に向けて一層の尽力を期待する」と訓示した。

岸氏は、隊員がシミュレーターを使用し、画面に映し出された地球の周りを飛び交う人工衛星やデブリについて分析する様子を見て、幹部から部隊状況の説明を受けた。

宇宙作戦隊は昨年5月に発足。山口県山陽小野田市に宇宙監視用のレーダーを建設中で、現在は2023年度の運用開始に向けたデータ解析能力向上や人材育成に取り組んでいる。将来的には、日本の人工衛星への衝突回避に役立てたい考えだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン