/

首相「必要な対策継続」 緊急事態解除後も 参院予算委

菅義偉首相は27日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言について「解除後もさらなる必要な対策を継続し感染者数の減少を実現したい」と述べた。政府内には知事による飲食店への営業時間の短縮要請を解除後も一定期間続ける案がある。

11都府県への宣言は2月7日に期限を迎える。対象地域は4段階の感染状況で最も深刻な「ステージ4」で、解除の条件は「ステージ3」相当への改善だ。首相は「まずはステージ4を脱却し、ステージ3を目指したい」と主張した。

感染拡大を巡り「主たる原因は飲食だ」と話した。今後も飲食店の時短営業が感染拡大抑止に欠かせないとの認識を示した。

西村康稔経済財政・再生相は「ステージ3の段階になったら対策をただちに解除するのではなく段階的に解除していく」と説明した。「2020年春に宣言を解除した時も飲食店への時短営業要請やイベントの人数制限を段階的に解除した」と指摘した。

政府分科会の尾身茂会長は現行の宣言の効果に関し「おそらく今週末から来週初めにわかる」と説いた。

首相はいまの宣言中、自民、公明両党の各衆院議員が深夜に都内の飲食店を訪れたことを「大変申し訳なく思う」と陳謝した。「国民の理解を得られる行動を取るべきだ。党としてもしっかり対応したい」と訴えた。立憲民主党の徳永エリ氏への答弁。

徳永氏は一時停止している政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」を「もっと早く停止すればここまで感染拡大しなかった」と発言した。首相は「要因は気温の低下、飲食の場面だ」などと語るにとどめた。

参院予算委は27日、首相と全閣僚が出席し、20年度第3次補正予算案を巡る総括質疑を始めた。28日も総括質疑を続け、与党は同日中の補正予算案の成立をめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン