/

26日の首相発言要旨

 新型コロナウイルス緊急事態宣言について6府県を月末に解除すると表明し、記者団の質問に答える菅首相(26日午後、首相官邸)=共同

新型コロナウイルス感染症の政府対策本部と、記者団とのやりとりでの菅義偉首相の発言要旨は次の通り。

【緊急事態宣言解除】

1月の宣言の発令以降、目に見えて感染者数を大きく減らすことができた。医療機関の厳しい状況は続いているが、現場の負担も一時期に比べれば減ってきている。状況を勘案し、宣言の対象区域について、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県を28日で解除する。埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県は、期限の3月7日に向け、飲食店の営業時間短縮などこれまでの対策を一層徹底する。引き続き緊張感を持って感染防止対策を徹底してほしい。

【記者会見見送り】

(山田真貴子内閣広報官の接待問題とは)全く関係ない。現に山田氏は国会で答弁している。3月7日までの宣言期間の状況を見極め、解除するかどうかの判断をした後に会見を行うべきだ。日本全体の見通しを明確に申し上げる状況の中で会見すべきだ。

まだ首都圏で解除の方向性は出ていない。そういう中で発言は控えるべきだ。まだ日にちがあるから、解除できるよう全力を挙げることが大事だ。

(首相の長男が勤務する東北新社から懲戒処分を受けたことについて)私は承知していない。会社としてのけじめだと思う。

(会見する際は質問を打ち切らないかとの問いに)私も時間(の都合)がある。でも大体出尽くしているではないか。先ほどから同じような質問ばかりではないか。

【官庁接待問題】

行政に対する国民の信頼を大きく損ない、極めて残念だ。もう一度徹底して国民の期待に応えることができるよう対応していかなければならない。

【ワクチン接種】

コロナ対策に非常に効果がある。一日も早く全ての方に行き渡るよう、全力を挙げたい。そのことで安心と希望を持っていただけると思う。

【飲食店支援】

時間短縮は宣言を解除した6府県の判断で段階的に緩和し、国として最大4万円の協力金を支援する。飲食店の経営者をはじめ、いろんな方に迷惑を掛けている。政府としてはできる限りの支援をさせていただきたい。アクリル板設置や、席の間隔を設けることなど、ガイドラインの順守をお願いする。年末に忘年会の影響で感染が拡大したとの指摘がある。今後も大人数の会食を控えるようお願いする。感染再拡大防止に向け国と都道府県が連携し、戦略的に検査を行うとともに、医療体制の強化を図るようお願いする。

【変異ウイルス】

本日、変異株への対応策を決定した。来月から、短時間で検出できる新たな方法の検査を全都道府県で実施し、国内の監視態勢を強化し、引き続き十分に警戒する。最後まで気を緩めず、3月7日に予定通り宣言を終わらせることが大事だ。都道府県と連携し、これまで以上に感染リスクに注意を喚起し、マスク着用などの基本的な感染対策を徹底するようお願いする。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン