/

わいせつ教員排除へ議員立法、与党が検討チーム

自民、公明両党は26日の与党政策責任者会議で、子どもにわいせつ行為をした教員の再任を防ぐための議員立法を検討するワーキングチーム(WT)を設けると決めた。今国会への提出を目指し、具体的な内容を協議する。

自民党の下村博文政調会長は会議後の記者会見で「法律的な課題をクリアしながら子どもたちが安心して学校に行ける環境をつくることが重要だ」と語った。

政府は懲戒免職処分を受けるなどして教員免許が失効した際に、無期限で再取得できなくする案などの法整備を検討したが、今国会への提出を断念した経緯がある。

公明党の竹内譲政調会長は「何らかの知恵を出せないか、多角的に議論を尽くしてアイデアを出してもらいたい」と主張した。WTは自民党の馳浩元文部科学相、公明党の浮島智子文科部会長らが参加する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン