/

海保武器使用の規定明記を 尖閣対応で自民議連が提言

自民党国防議員連盟(衛藤征士郎会長)は26日の会合で、沖縄県尖閣諸島周辺での中国船の活動を受けた提言をまとめた。領海侵入する外国船が度重なる退去命令に従わない場合、国際法上可能な限りの武器使用ができる規定を海上保安庁法に明記するよう求めた。近く政府に提出する。

国境離島に武装した外国人が上陸する場合を想定し、自衛隊を事前に展開して警備できる規定も自衛隊法に盛り込むべきだと記載した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン