/

首相、モデルナ異物混入「大きな影響ない」

菅義偉首相は26日午後、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物の混入が見つかったことに関し、厚生労働省に安全を最優先に分析するよう指示したと述べた。「接種に大きな影響を与えるものではないという報告は受けている」と語った。都内で記者団に答えた。

ワクチン接種が進む墨田区の接種会場を視察した。「2回目の接種分を在庫として持たず回転させて接種していた、とうかがった」と説明した。

夜間などを活用して現役世代の接種が進んでいると指摘した。「ぜひ全国に横展開して、しっかり対応していきたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン