/

日英防衛相、北朝鮮を非難 「安保理決議に違反」

防衛省は26日、岸信夫防衛相と英国のウォレス国防相が25日夜に電話協議したと発表した。両氏は25日の北朝鮮による弾道ミサイル発射について、国連安全保障理事会決議に違反すると強く非難した。国際社会全体の深刻な課題だとの認識で一致した。

ウォレス氏は英政府が16日発表した外交・安全保障の方針「統合レビュー」について説明した。岸氏はインド太平洋への関与を強める英国の方針を高く評価した。年内に予定する英空母打撃群の東アジア展開の機会を利用して防衛協力を強化する方針を確認した。

岸氏は海警局を準軍事組織に位置づける中国の海警法に対する深刻な懸念を伝えた。両氏は東シナ海や南シナ海で現状を変更する活動や緊張を高める行為に強く反対すると表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン