/

この記事は会員限定です

対中抑止、外交青書で鮮明に 関係強化の表現削除

[有料会員限定]

茂木敏充外相が27日の閣議に報告した2021年版の外交青書は中国を抑止していく方針を鮮明にした。20年版にあった「『日中新時代』に向けて日中関係を新たな段階に押し上げていく」など関係強化の文言は削除し「安全保障上の強い懸念」と初めて記した。

外交青書は毎年作成し、国際情勢や外交活動を振り返りながら日本の外交方針をめぐる公式見解を内外に示す。記述の変化は外交戦略の変化を反映する。21年版は中国を強く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン