/

この記事は会員限定です

脱炭素30年目標議論へ 有識者会議、夏に計画 

座長に伊藤元重・学習院大教授

[有料会員限定]

菅義偉首相は26日の閣僚懇談会で、温暖化ガス削減を議論する有識者会議を新設すると表明した。学習院大の伊藤元重教授が座長に就き、2030年の削減目標や炭素税のあり方を検討する。今夏に関連政策の計画策定をめざす。

加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「グリーン社会の実現に向け気候変動対策を分野横断的に議論してほしい」と説明した。31日に初会合を開く。

伊藤氏は安倍晋三前政権で経済財政諮問会議の民間議員を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン